Site search

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事はこちら

タグ

カテゴリー

女性が働きやすい社会に向けた動き

今や日本では、男女ともに働くことが一般的となっており、女性の労働力も経済を回すうえでは必要不可欠となっています。ただ、まだ企業の多くが男性優位な社会構造となっており、女性が生涯かけて働ける環境が整っているとはいえません。特に女性の多くは、妊娠・出産という一大イベントを控えており、一時強制的に仕事から離れなければならなくなります。これに対し、産休・育休というサポートではなく、退職を促すような企業もまだ存在しています。
男女ともに社会でより良いパフォーマンスを発揮し、幸せに暮らすためには、企業側が子育てをしながらも快適に働ける環境を作ることが大切です。こうした動きは、国もあらゆる対策を講じて乗り出しており、今後さらに加速していくことが予想されます。
実際、子育てを後押しする制度として、柔軟な働き方が注目されるようになりました。たとえば、リモートワークの導入やフレックスタイム制度、短時間正社員制度などが挙げられます。多くの職場に自身の状況に応じた働き方の選択肢があれば、子育てとの両立をよりスムーズに行えるようになるでしょう。また、女性が復帰しやすい職場の環境を作ることも大切です。特に、男性中心の考え方が根付いている職場であれば、女性の妊娠・出産等には無頓着だったりします。ひどいケースでは、マタニティ・ハラスメントとして攻撃するような現場もあるといわれています。その場合、職場全体の意識から根本的に変えていく必要があります。男女共働きが当たり前になっている現代において、女性のライフスタイルを理解し、サポートすることは、企業側にとっても雇用者側にとってもメリットにつながるはずです。国民が暮らしやすい先進国を目指すうえで、女性がいつでもどこでも快適に働ける社会をつくることが求められています。